暖機運転のデメリット4つ

メカニズムのすすめ
この記事は約2分で読めます。

エンジンの暖機が本当に必要かの議論は長く続いていますが

今回は暖機のデメリットを紹介します

合わせてコチラも参考に

PR

暖機運転のデメリット

デメリット4つ
・燃費が0km/L
・排気ガスが臭い
・エンジンのから回し
・暖まるのはエンジンだけ

燃費が0km/L

燃料は本来、車を移動させるために使うのですが

暖機では仕事をしていません

ただ燃やしているだけです

排気ガスが臭い

着火性を良くするために、濃い燃料で燃やしています

汚く、臭い排気ガスがでます

不完全燃焼気味になり、

猛毒の一酸化炭素も多く放出されます

エンジンのから回し

エンジンは走っているときの状態で設計されています

から回しすると別の部分に負担がかかり

エンジンの摩耗を早める可能性もあります

暖まるのはエンジンだけ

停止してエンジンだけ回っているので

ギアやタイヤ、サスペンションなどは冷えたままです

ギアオイルは冷たいのでギアの潤滑不足になる可能性も

また排気ガスを浄化する「触媒」も

排気ガスの熱で暖まるまで効果が無いので

汚いガスが長時間でます

PR

まとめ

・過度な暖機は燃料の無駄遣いなだけ

・汚い排気ガスを長時間出し続け
 人体に有害である

・エンジン以外は暖まっていないので
 走り出してからも他の部品を暖機がする必要あり

このように、暖機はすればするほど良い
というものではありません

寒冷地以外では一分間暖機で効率よいカーライフを

コメント

タイトルとURLをコピーしました