バスのすすめ

バスのすすめ バスのすすめ

バスに関する内容のカテゴリです。
バス運転手を目指す方はコチラを

トラックのすすめ

一時停止のすすめ

街を走っていると一時停止の標識が沢山ありますね。先に行っておきますが、必ず停止しなければいけません。一時停止の標識は、止まってよく確認のサインです。徐行は取締りが難しいので、あえて一時停止にしてると思われます。他にも優先をハッキリさせる意味もあります。絵と共に解説していきます。
バスのすすめ

路線バス乗車方法のすすめ

初めて乗る路線バスって、どうしたらいいか分からないですね。今回は乗車と支払いの方法を解説します。バスの乗車方法は主に二つ「後ろドア乗り、後払い、前ドア降り」・「前ドア乗り、先払い、後ろドア降り」特殊が二つ「前ドア乗り、後払い、前ドア降り」「前ドア乗り、申告先払い、後ろドア降り」詳しく解説していきます。
トラックのすすめ

荷重移動のすすめ 減速編

ブレーキを踏むと荷重移動が起こり、前タイヤに重みが掛かります。ブレーキを踏むと前ブレーキがメインなので大きく前に傾く。リアブレーキを使うと前後タイヤに荷重が掛かり、傾きが少なくなります。ブレーキを急に踏むと大きな荷重変動が起こり、乗客が不快になる上、怪我をする恐れも。急制動する時はブレーキを調整し荷重変動を最小限にすると不快は少なくなります。図とともに詳しく見ていきます。
トラックのすすめ

荷重移動のすすめ 総合編

「荷重移動」は車が加速・減速・旋回する時に起こります。車が傾き、各タイヤにかかる重量が変わります。その動いたことを「荷重変動」と言います。ブレーキ時は前に、加速時は後ろに車体は傾きます。カーブでは外側に傾きます。
トラックのすすめ

雪道・凍結路のすすめ2 追記編

雪道で注意することの追記です。タイヤ接地面圧が高いと雪道などの荒れた路面で有利。後ろ二軸のトラックは、ちょっした段差でも発進不能に。軽油は凍るのでエンジンが始動不可になることも。対策を考えていきます
トラックのすすめ

ホワイトアウトのすすめ

ホワイトアウトに遭遇したら、ランプ類を全て点灯しSAPAに入ってください。走行中は停止してはいけません。追突されたときに被害が大きくなります。また三列シートの最後部は危険です。できれば二列目に移動しましょう。それぞれ詳しく説明していきます。
バスのすすめ

バス車内事故のすすめ 注意点編

今回はバスの車内事故3例です。 会社から指導があると思いますが 予習復習がてら詳しく解説していきます 急ブレーキ 一番多い事故はコレ 飛び出しなどで急ブレーキを踏み、「乗客が転ぶ」または「手や顔をぶつける」事...
トラックのすすめ

雪道・凍結路のすすめ

雪道は危ないですね。走り方のコツを説明していきます。先ずは準備。装備をしっかり持っていきましょう。(スタッドレスタイヤ・チェーン 毛布・雨具・長靴など)走り方は車間距離を大きく取り、ハンドル、ブレーキ、アクセル操作を同時にしない。坂道は勢いをつけて一気に上る。途中で止まりそうなときは手前で待つ。下り坂はユックリと
トラックのすすめ

フットブレーキのすすめ

ブレーキの時節は3つあります。①踏み始め・これが強いと車内でケガをします、要注意!②減速メイン・ここは強めでも大丈夫です、やや強めにすると次が楽になります。③止まる寸前・この時は「ガクン」とならない様に注意。この他にも技が有ります。詳しく説明していきます。
バスのすすめ

バス車内事故のすすめ 起こるとどうなる編

バスは電車と違い一般道を走ります。そのため急ブレーキを踏むことが有ります。その時に誰かが転ぶと「車内人身事故」になります。起こるとどうなるのでしょうか?結論からいうと、車外に事故と同じ扱いになります。バスは運行を中止し、警察の調べが始まります。最近は少しの怪我でも病院に行ってもらうことが多いので。バスが高確率で止まります。ほかのお客さんは代替え車に乗り換え、目的地に向かいますが、それでも時間的に遅くなります。車内事故には充分注意してください。詳しく見ていきます。
タイトルとURLをコピーしました