エンジンオイル交換のすすめ 交換時期編

メカニズムのすすめ
この記事は約5分で読めます。
PR
はてな子
はてな子

エンジンオイルは

どれくらいで交換したらいいの?

こたえさん
こたえさん

半年に一度くらいがベストだよ

今回はエンジンオイルの劣化と交換時期についての話です

推奨オイル交換時期
年2回または7,500km走行の早い方
距離は少し超えても大丈夫

このように考えています

正直に言えば、毎日オイル交換がエンジンにとっては最良ですが、
コスト・環境面で良くありません

オイル劣化とのバランスが良いのは、このタイミングと思われます

エンジンオイルについて解説と交換時期の理由を説明していきます

※今回は1,500~2,000ccクラスのガソリン車基準です
 また、公道を規則に従い運転する場合を想定しています

PR

エンジンオイルとは

エンジンオイルはエンジンの寿命を延ばすためにエンジン内を循環している液体です

主に金属同士の擦れ部分に膜を作り摩擦を減らす効果が有ります

オイルの表記の読み方は
コチラのブログで

PR

エンジンオイルの役割5つ

エンジンオイルの役割を解説します

潤滑

オイルと言えばこれが第一理由ですね

金属製のパーツ表面に膜を作り、滑らかに動くようにしています。
これにより摩擦を低減し劣化を抑えます

清浄

ガソリンが燃焼することによってスラッジという汚れがエンジン内部に蓄積してきます
エンジンオイルは蓄積したスラッジを清浄する効果をが有ります

汚れをオイルの中に取り込むので少しずつ黒く変色していきます

冷却

ガソリンの燃焼やパーツの摩擦などで生じた熱を冷却する役割を持っています
走行中はエンジン内部を循環しながら各パーツを冷却しています

シリンダーは冷却水が回っており、冷却できますがそれ以外
特にピストンはオイルでの冷却がメインです

防錆

温度差の結露や排気ガスに含まれる水分でエンジン内部も錆びる可能性が有ります

オイルの油分で水分の吸着を抑え、錆を防ぎます

密封

ピストンとシリンダー間で栓の役割をし、気密性を上げています

これにより燃焼効率を向上させます

PR

オイルが劣化すると

劣化すると温度が低い時に粘度が上がり高い温度で粘度が下がります

低温時に粘度が上がると、エンジン暖機時に燃料を多く必要になります
高温時に粘度が下がると、オイルも膜が薄くなり、金属同士がこすれて
エンジンの劣化が早くなります

劣化しきる前に交換することで、適正粘度に保ち油膜を保持します

PR

そもそも、なぜオイルは劣化する?

エンジンオイルは酸化していき、黒くなっていきます
燃焼の高温(約1,000℃)にさらされるの主原因ですが
空気に触れてもユックリ酸化します

また排気に含まれる水分や、温度差による結露で水分が入り乳化現象等が起こります
これもまたオイルの機能を妨げます

PR

メーカーの推奨オイル交換時期

メーカーの推奨は1年・1万キロが多いです
(ガソリンが主燃料の車。車種、排気量により異なる)
メーカーがこのサイクルで補償しているので問題ないでしょう

しかし正直に言うと、かなりオイルの劣化が進んだ状態での交換かなと思います

オイルを使わずに1年間大気にさらしておいて劣化もある程度劣化します
それが、約1,000℃の熱に何度もさらされているので、相当劣化していると考えるのが普通です

暖機運転の時も話しましたが、車の劣化はエンジンだけではありません
ボディーや電装類も劣化してバランスよく劣化するサイクルがコレなのでしょう

ですので調子よく長持ちさせたいのであれば
もう少し早く交換することをオススメします

PR

年2回・7500kmの根拠

管理人の推奨オイル交換時期の説明です

夏の猛暑と冬の水分

年2回とは「夏が終わった後冬が終わった後」が推奨という意味です

夏は猛暑で劣化していますので、冬に入る前に交換します
冬は水分を含み、劣化していますので、夏の猛暑前に交換

そうすることで厳しい時期に新しいオイルで過ごせるため、エンジンに優しいです

7500kmは程度もの

実際には距離はあまりあてにはできません

渋滞でずっとアイドリングしていた距離と信号の無い郊外を運転していた距離とでは
同じ1,000kmですが劣化が同じであるわけが有りません

「月1,000km+α程度であれば問題無い」という意味です
「月2,000kmであれば途中で交換が必要」という具合いです

最悪、半年で1万キロまでなら許容できると考えています

年に数千キロしか走らない時は?

年に数千キロならば、年1回で大丈夫です
(メーカーが問題無しと太鼓判)

年に1回であれば夏前がオススメ

なんだかんだで夏の猛暑がエンジンには大敵
むしろ冬はエンジンには優しい季節
夏をフレッシュなオイルで迎えましょう

PR

どのオイルを選ぶ?

ベターなのは「メーカー純正オイル」です

オイル粘度も同じものを選びましょう

理由は簡単です
そのオイルで耐久試験をしてるから

サーキットをブンブン走る人は別ですが、普通に走っている人は「純正」を選ぶのが
賢い選択と言えるでしょう

PR

それ以上にエンジンに気を使いたい人は

ガンガン走る人や、大事にしたい人は早めの交換を推奨します

また「エンジンオイル添加剤を添加剤」を入れるの効果的

管理人オススメの添加剤はコレです

PR

まとめ

  • 管理人推奨交換は年2回・7,500km毎早い方で交換
  • 夏前と冬前に変えるのがベスト
  • 距離は多少超えても手前でも大丈夫
  • 距離が少ない車は年1回・夏前に

この様にエンジンを長持ちさせるのにオイル交換は大切なメンテナンスです

適度に交換して、エンジンを長持ちさせましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました