マツダスピードアクセラ

愛車歴
この記事は約2分で読めます。
Advertising

Advertising

 所有期間

2007年10月~2013年10まで所有

Advertising

 解説

マツダファミリアの後継機として発売
新しいマツダのDNA・コンセプトが投入される
フレームは、当時提携していたフォード
ボルボと共通で当時としてはかなり
高剛性でした。
その中でフォードのスポーツ系部品を
流用し、安価で制作されたスポーツハッチバックが

マツダスピードアクセラ

でした。
特別にチューンされたエンジンは
直列4気筒 2260cc ターボ
最高出力:264ps(194kW 260hp)/5500rpm
最大トルク:38.7kgm(379.3Nm)/3000rpm
暴力的な加速はFFではトルクステアとの
格闘となる程でした。

Advertising

 感想

正直に言って、当時でも性能・コンセプトは
10年遅れでした。
ブレーキは直ぐにフェードし、スタタボ時代の
コントロール性
2.3ターボと補器類を無理やり
エンジンルームに詰め込んだため
熱の逃げ場が無くヒート気味
またフロントヘビーで旋回性が悪く、
排気量落ちのシビックRに歯が立たない状態

しかしながら、その古風な感じが走っていて
楽しいのも事実
個人的に最高な車でした。
贅沢を言えば、ATもラインナップして欲しかったです

Advertising

 動画

GTIGT

この動画は鈴鹿ツインサーキットを走って
いるときに、偶然撮影されていたものです。
前を走っているのが自分のアクセラです。
GTIGTさん有難うございました。
本当に良い記念になりました。
最後にオチがありますので最後までどうぞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました