マツダフレアワゴン(MM32S)スペーシア

愛車歴
この記事は約2分で読めます。
Advertising
Advertising

所有期間

2014年10月 ~現在所有
電気自動車のバックアップとして購入
近所の買い物から旅行まで活躍中

グレードはXSリミテッド

Advertising

解説

スズキの軽ハイトワゴンのOEM車
スズキはパレットからスペーシアに
マツダは名称変更せずにフレアワゴンに統一
分かりにくいので以下はスズキ車の
名前で解説します

いわゆる軽ハイトワゴン
現在は最も売れ筋のモデルです
乗り降りのし易い両側スライドドア
車重が有る為、軽としては
どっしりっとした車体

エンジンルームを極限まで
前に設置し広大な室内空間は
小型普通車を
はるかに凌いでいます

パレットからスペーシアへモデルチェンジ
コンセプトはそのままですが
燃費、室内環境ともに大幅に進化

特にエンジンは新世代にアップグレード
CVTの見直しで走行性能と燃費が
一気に向上しました
ターボなしでも都市高速程度なら
不自由ありません

Advertising

感想

モデルチェンジ前にも購入を検討しましたが
60km以上の速度域で重たさを感じ
諦めました

モデルチェンジ後に試乗すると
その重たさが消え劇的に進化
エンジンがK6AからR06Aになり
ターボいらずの車になりました

軽の税金が値上がりする前に購入
この次のモデルはアイドリングストップが
大幅に進化したため、早まった感が

ターボなしながら下道での加速は
普通車と遜色なし
むしろ速いとさえ思う

Advertising

利点

燃費が良い

自分の乗り方だと、15km/ℓ以上
1トン近いボディーでこれは立派
昔の軽より遥かに良いです

室内が広い

唖然とする広さ
昔、軽は我慢の車でしたが
完全に終わりました

税金が安い

特にこれは年7200円
合法的な脱税です

Advertising

いまいちな点

エアコンが弱い

660ccなのでエアコンに馬力を使えず
広大な車内を冷やすには能力不足
夏は暑いです

高速は苦手

都市高速は問題なしですが
本気の高速はエンジンが唸る&
まっすぐ走らないです
ターボ車ならOK?

安全運転しましょう!

まとめ

「所詮軽だな」という言葉は
もう過去のものだと思います
21世紀のファミリーカーの座は
ハイト軽できまりです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました