交通規則 これ意味ある?

法規のすすめ
この記事は約3分で読めます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA


運転して色んな交通ルールがあるけど
「これって必要?」と思うことない?


あるある。特に踏切はイミフやわ
なんでやろ?

※決まり事ですので納得できなくても
必ず守るようにしてください!

PR

踏切通過時に窓を開ける

第33条 車両等は、踏切を通過しようとするときは、踏切の直前(道路標識等による停止線が設けられているときは、その停止線の直前。以下この項において同じ。)で停止し、かつ、安全であることを確認した後でなければ進行してはならない。ただし、信号機の表示する信号に従うときは、踏切の直前で停止しないで進行することができる。
 車両等は、踏切を通過しようとする場合において、踏切の遮断機が閉じようとし、若しくは閉じている間又は踏切の警報機が警報している間は、当該踏切に入つてはならない

教習所で「踏切通過時は窓を開けて音を確認して通過
と習いますが、そんなこと何処にも書いてませんが…

昔は遮断機が無かった?

勝手な考察ですが、おそらく昔は遮断機が無い
踏切が多数あったのでは?
その時に電車(汽車)は警笛を鳴らし
車両に注意を促していたので、現在でも
その名残で窓を開けることになっていると
思われます。

PR

踏切内ではギアを変えてはいけない

条文は前記参照で

こちらも明記はありませんが、教習所で習いますね
まあ、シフトチェンジが必要な車(MT車)
を購入する人は少ないですが…

シフトミスでエンストを防ぐ

1速から2速にシフトチェンジをするときに
間違えて4速にいれてしまい、エンストし
踏切内で立ち往生を防ぐためらしいです
まあ可能性はありますが…
ちなみにエンストは「エンジンストップ」の略だと
思われている方も多いですが、正確には
「エンジンストール」の略です

クラッチを踏んだ時にエンストする

現在の車ではありえませんが、昔の「キャブレター」
と呼ばれる仕様の車は、特にエンジンを始動直後は
アイドリングできずにエンストすることが多々ありました
エンジンが暖まるとそのようなことは無いのですが
踏切通過時にエンジンが止まると
大変なことになるので、このような決まりが
できたのだと考えられます。

PR

踏切直前で一時停止

条文は前記参照で

踏切通過時に停止線で一時停止義務がありますが
こちらは必要かどうか微妙に思います。
停止義務の無い国も多数あります。

踏切内で立ち往生を防ぐ

何も考えずに踏切に入り、前の車が詰まって
踏切内で止まってしまったことがあります
この法律は踏切内で立ち往生の可能性を減らす
意味合いがあると思われます
最近はナビやスマホに注意がいって
前方不注意で踏切に入って立ち往生も
考えられますので、停止した方が良いですね

線路の歪みを防ぐ

信号機手前の道路路面がボコボコしている
場所を見かけませんか?あれは大型車が
強いブレーキを踏むと、前のめりになり
地面を傷つけているためです。
踏切内の線路が大型車のブレーキによって
歪むのを防ぐ理由で、一度止まることに
していると考えられます。
じゃあ大型車だけで良いじゃん!と思うのですが…

PR

まとめ

このように一見無意味に見える決まりも
昔を考えれば必要だったのではと思われます
今後は義務としてルールを守るのではなく
安全に必要だから守るという意識で
安全運転をしてもらえればと思います

コメント

タイトルとURLをコピーしました