電気自動車のすすめ 誤解編

電気自動車のすすめ
この記事は約4分で読めます。

前回、新常識についブログを書きましたが、今回は元々誤解されている常識です

ミスリードされて勘違いしてものがあると思われます

何故ミスリードを?
(クリック・タップで開く)

元々、電気自動車は今までの車とは大きく部品構成が変わります

普及とともに自動車業界の再編が進むことになります

例えば、EVになるとエンジン部品を作っている会社マフラーを作っている会社仕事が無くなります

また材質的にも燃焼が無くなるため、耐熱性素材が不要

つまり鉄で作る必要が無くなり、鉄鋼会社にも影響があります

ギアボックスも不要になり、既存メーカーの技術が無用になる可能性も

沢山の協力会社を養っているトヨタは特に反対し、ネガティブキャンペーンを行いました

また電気だとガソリン税が徴収できず、税収も下がります

管理人takechi
管理人takechi

トヨタの気持ちも分からなくは無いけれど…

今回はこれ勘違いカモ?なものをシェアしていきます

PR

雨の日に充電すると漏電する

充電口が濡れていると漏電で感電しないか心配!

そう思っている方もいらっしゃると思います。

これのせいで関西人は「関西電気保安協会」と歌わずにはいられないw

しかし全く問題無し大雨でも台風でも問題無く充電できます

実際リーフを台風の日に充電しましたが漏電はありませんでした

特に急速充電開始時に漏電とアース接続のチェックを行います

問題が無いことを確認してから充電するので全く心配なしです
(漏電の場合は充電開始できない仕様)

PR

水没すると感電する

EVは360~400ボルト程度の電気を使用します

もし感電すれば大人でもほとんど場合生き残ることが出来ません

ですので水没時でも漏電しないシステムで作られています

日産自動車公式より

これは私見ですが、おそらく水中でもしばらく走行できると思われます

普通の車はエンジン空気吸入口が水没するとエンジンが止まり、即終了です

PR

電欠が心配

「バッテリー残量が低下しました」残りの電池が少なくなると車が教えてくれます

さて充電はどうする?でも安心してください。急速充電スポットは全国になんと

約8.000か所
yahoo!ニュースより、2021年9月現在)

特に日産は力を入れており、ディーラーには無い所が珍しいくらい

困ったら日産へGO!

PR

走らない

モーターなので坂道に弱い?そんなイメージが有るかもしれないですね

実際には、モーターはエンジン以上に強力なパワーが出ます

低い速度域ほどパワフルに走るため、日本の道路には最適です

坂道も電気を多く流すだけなので、エンジンが唸ったりせず、実に優雅に登っていきます

PR

電気が足らなくならない?

原子力発電所が止まり、日本ではピーク時の電気がギリギリと言われています

そんな時に電気自動車が充電したら電気が足らなくなるのでは?

そのように揶揄する記事を見たことが…

実際はどうでしょうか?

最大電力
電気事業連合会HPより

直近だと2021年1月8日10時頃に
1億5千600万kwを使用しています

大して電気自動車が1万台同時に充電したらどれくらい電気を使うでしょう?

50kw×1万台=50万kw
50万kw÷1億5千600万kw=0.0032

0.32%増えるだけ。1万台でもこのレベル

もし車が増えても、電気自動車の場合は夜に家で普通充電することがメイン

なので1万台同時急速充電は遥か先の話

あと10年は問題なしです

PR

暖房が弱い

暖房が弱いことはありません。普通に暖かくなりますよ

むしろ始動直後から温風が出るので快適!
(乗る前エアコンで更に快適)

ただ電気を消費するので各人が暖房を控え、節約志向になります

結果、「寒い」という記事がネットには溢れています

ガソリン車は走った副産物で暖をとっているので、無尽蔵に暖房を使えます

電力消費を気にしない人はガンガン暖めて快適なドライブを

PR

まとめ

このように、勘違いしていることも多々あると思われます

是非とも次の愛車候補には電気自動車をいれてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました