排気ブレーキのすすめ

トラックのすすめ
この記事は約2分で読めます。
Advertising

排気ブレーキは重要なシステムで
これを使いこなして一人前だと思います

今回はそんな排気ブレーキの話です

Advertising

排気ブレーキとは

排気ブレーキとは、排気ガスを塞き止めて
エンジンブレーキの効きを強くする装置です。

排気ブレーキは大型車両のみに付いています

エンジンブレーキはコチラ

Advertising

排気ブレーキを使うと

フットブレーキをの代わりに
排気ブレーキを使うと

加熱とブレーキパッドの減りが少なくなる


フットブレーキの使用が減るのでパッドが減りにくくなります。
その結果、発熱が少なくなりブレーキトラブルが減ります

ブレーキに優しいのね

制動距離が短くなる


リアタイヤも減速するので制動距離が短くなります

車体が前のめり(ノーズダイブ)せずに減速できる

リアタイヤで減速するので前のめりになりにくいです

今回はコレについて詳しく説明していきます

これからの説明は後輪駆動車のものです
前輪駆動車の場合は、こうなりません

Advertising

前のめりになりにくいメカニズム

通常のフットブレーキを使うと
次の図ようになります。

ブレーキは後ろブレーキより前ブレーキの方が
強く効くようになっています。(8:2くらい)

これはリアブレーキが強いと
後ろタイヤが滑って不安定になるためです

なので普通にブレーキを踏むと…

takechi画伯

このように前へ傾きますよね!
(ノーズダイブ)

前ブレーキが強く効いているからです

後ろを前と同じに効かすと
普段は良いですが雨の時や雪の時に
滑って不安定になってしまいます。

そして排気ブレーキですが、

takechi画伯

後ろだけ強く効くため
後ろのタイヤだけ沈み込みます。

takechi
takechi

この図はイメージし易いように
極端に描いてますよ

なのでフットブレーキと併用すると

takechi画伯

という感じになり
前のめりが極力少なくなります。

Advertising

注意事項

排気ブレーキは強力に効くため、
いきなりスイッチをonにすると強いショックがでることが有ります

エンジンブレーキ→排気ブレーキの順でonに
ショックを和らげましょう!

Advertising

まとめ

走行中は色々なシチュエーションにより
状態は変わりますが排気ブレーキを使うメリットは大きいです。

皆さまも安全かつスムーズな運転の為、是非とも排気ブレーキを活用ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました