ポンチョ クラッチの高さが変わる原因

バスのすすめ
この記事は約2分で読めます。

今回はポンチョ3大・難点の一つ

クラッチの高さが変わる原因

このブログでは高さが変わる原因
対処法をシェアします

PR

クラッチの
高さが変わることの問題点

クラッチの高さが変わるとは

半クラッチをしたときに
つながる地点が変わるということです

「クラッチが低い(近い)」とは
ペダルを上げ始めて直ぐにつながる状態

「クラッチが高い(遠い)」とは
クラッチを大きく上げないと
つながらない状態です

クラッチが低くなると

クラッチが低く(近く)なると

予想より早くつながり
飛び出してしまします

乗客からすると追突された様になり
下手すれば首がムチ打ち状態

ヘタクソなドライバー」の
称号をもらうことになります

クラッチが高くなると

クラッチが高く(遠く)なると

平坦路だと進むことができず
「ギアの入れ忘れ?」と感じます

坂道だと後ろへ下がります

坂道で後ろに下がると事故になります

もちろん会社は理由を分かってくれません
「プロだろ?」と言われて終わりです

PR

どういうときに高さが変わる?

色々試しましたが、以下の時に
高さが変わるようです

どれも毎回という訳ではないようですが…

半クラッチからもう一度踏んだ時

半クラッチで進み始め、つながり切る前に
もう一度踏むと変わるようです

クラッチを長く使わない

しばらくギアチェンジ無しで走ると
変わるようです

管理人takechi
管理人takechi

高さが変わっていたものが
元に戻る感じ?

クラッチをしばらく踏んだまま

コチラも高さが変わっていたものが
元に戻る感じです

PR

原因と対処法

もちろんコレ以外のも原因は考えられます
整備の方に相談してくださいね

原因

大抵の場合はクラッチブースター
原因です

対処法

クラッチブースターのスプリング
容量に余裕が無いようです

エンジンルームから見てクラッチの奥にあります

このスプリングです

・とりあえず外しで掃除
・スプリングを交換
ブースターごと交換

PR

まとめ

・クラッチの高さが変わると
 最悪、事故になる

・クラッチの高さが変わる原因は
 ブースタースプリングの可能性が高い

・クラッチブースターは
 クラッチの裏側にある

・清掃または交換で直ることが多い

位置的に取り外し面倒ですが
やってみる価値ありです

施工は整備の方の指示に従って
注意しながら進めてくださいね

コメント

タイトルとURLをコピーしました