電気自動車10年の進化

電気自動車のすすめ
この記事は約4分で読めます。

リーフが販売されて10年が経ちました
(2010年12月発売)

10年の進化を見ていきたいと思います

日産リーフについては過去ログを

PR

スタイル

日産公式ホームページより引用

スタイルは個人の好みですが…

初期型は今見てもヘンテコですね

逆に現行型は流行りのスタイル

個人的には古い方が良くも悪くも
リーフと分かり易いですね

次はスペックです

PR

モーター出力

初期型
EM61型
最高出力80kW
最大トルク280N·m
現行型
EM57型
最高出力160kW
最大トルク340N・m

出力は倍になっています

高速道路での性能も申し分無しになりました

PR

バッテリー

初期型
24kw/h
現行型
64kw/h

約2.5倍になりました

PR

航続距離

初期型
JC08モード200km
EPA117km
実質100km
現行型
JC08モード570km
EPA364km
実質300km

約3倍になりました

EPAとは
アメリカの燃費基準
日本と違い実走行に近い

PR

急速充電の速さ

初期型
30分
最大約16kw/h
約100km走行可能
※50kw充電器
現行型
30分
最大約29kw/h
約200km走行可能
※90kw充電器

充電時間も約半分になっています

PR

安全装備

初期型
ABS
EBD
フロント&バックソナー
カーテンエアバック
現行型
ABS
EBD
VDC
フロント&バックソナー
カーテンエアバック
自動ブレーキ
車線逸脱警報
標識検知機能
踏み間違い防止機能
後側方追突防止
後側方車両検知
後退時車両検知
車両逸脱防止
ふらつき警報

10年の差は大きいですね

PR

運転支援

初期型
無し
現行型
プロパイロット
プロパイロットパーキング
e-ペダル
PR

価格

初期型
2010年12月
Gグレード
425.4万円
補助金78万(国のみ)
実質347.4万円
※消費税8%
現行型
2020年12月
Gグレード
499.8万円
補助金40万(国のみ)
実質459.8万円
※消費税10%
 

かなり値上がりしてますが
その分装備は充実!

プロパイロット無しのXグレードは
実質341.9万円

PR

まとめ

・リーフは10年で出力が倍になった

・リーフは航続距離が3倍になり
 急速充電時間が半分になった

・安全装備が充実し運転支援システムが着いた

・価格は値上がりしたが、同程度の装備であれば
 安全装備付きで同程度の価格である

このように10年で
我慢の車快適で安全な車
に進化しました

この先、10年後はどうなっているか楽しみです

コメント

タイトルとURLをコピーしました