ポンチョオートマのすすめ

バスのすすめ
この記事は約3分で読めます。
Advertising

新車のポンチョにはMT無く
AT(オートマミッション)しかありません

ATは開発途上ですので
色々と使いにくいところがあります

今回はATの説明と
スマートな乗り方をシェアします

Advertising

5速ATミッション

4速+ODで5速です

Advertising

ATのメリット・デメリット

バス、トラックは長い間
MTが主流だったため
ATは現在も開発途中です

今後良くなってゆくと思われますが
いまのところ一長一短です

まずはATにするメリット・デメリットを

Advertising

メリット

クラッチ操作が不要

運転の5大作業の内
クラッチ操作から完全に開放されます

クラッチがシビアなポンチョでは
非常に有難いです

運転5大作業
①ハンドル
②アクセル
③ブレーキ
④クラッチ
⑤シフトチェンジ

安全運転に役立つんだ

シフト操作が少ない

バス停で扉を開くには
Nレンジにする必要があり
全く不要にはなりません

ですが大幅にシフトが減り
運転が楽になります

右手が自由になる

シフトが少ないので
左手はハンドルに

右手でマイクスイッチや
各種ボタンが押しやすくなります

加速が良い

MTは変速時にクラッチを踏んでいる間は
加速できません

ATはその時間が最小なので
スムーズに加速できます

乗り心地もよくなるのね

Advertising

デメリット

シフトショックが消せない

MTの場合は丁寧なシフト操作をすれば
殆どショック無しでシフトできます

ATの場合はそれができないので
ショックをガマンするしかないです

特にシフトダウンは耐え難いです

あわせて読みたい
シフトダウンのショックを最小にするには

排気ブレーキが使えない

シフトが自動的に上がるので
エンブレ、排気ブレーキが使えないです

シフトダウンを使えば大丈夫です

ブレーキの負荷が高い

排気ブレーキが使えないので
ブレーキの負荷が高くなります

ただでさえ
ブレーキ容量が不足気味なポンチョが
余計に厳しくなります

積極的にシフトし
排気ブレーキを活用して
ブレーキの負荷を減らしましょう

停止前にショックが出る

普通に乗ると
停止寸前にシフトショックがあります

再加速の準備だと思いますが
かなり不快に感じます

Advertising

オススメの乗り方

シフトアップ

シフトアップは、特にユックリ加速すると
ギクシャクします

逆にソコソコの加速時に
綺麗にシフトするタイミングが有ります

色々試して見つけましょう

シフトダウン

コチラはショック無しには
不可能のようです

あわせて読みたい
シフトダウンのショックを最小にするには

停止前のショック

停止寸前のショックは
ショックが出る寸前に
シフトを「N」
レンジNにします

ほんの少しショックが有りますが
気にならないレベルです

バス停ではNにしないと扉が
開かない
ので一石二鳥です

再加速できないので確実に止まるときにしましょう

排気ブレーキ

ポンチョのプアなブレーキを守るには
排気ブレーキが必須です

走行中は積極的にシフトを使い
エンブレ・排気ブレーキを
効かす様にしましょう

管理人は50キロくらいまでは
3速で走るようにしています
50キロで1分未満程度なら
3速で走りそれ以上の時間を走る場合だと
4・5速で走っています

管理人takechi
管理人takechi

色々試してみてね

まとめ

・ポンチョATの欠点は
 1シフトショック
 2停止寸前のショック
 3エンブレ、排気ブレーキ

・シフトアップはタイミングを覚える

・停止寸前のショックは「N」レンジに

・排気、エンブレは3速で走る
 積極的にシフトチェンジする

今後、ATは進化し、
欠点は可決すると思われますが
少しばかり時間が必要そうです

それまでは工夫して
仕事に励みましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました