日産サクラ急速充電のすすめ 【確定】動画から急速充電性能を検証

日産サクラ 電気自動車のすすめ
画像・日産公式HPより
この記事は約3分で読めます。

日産サクラ急速充電の動画を発見!

CAR Films

コチラの動画より日産サクラの急速充電性能を検証します

※急速充電は気温等の条件により速度が変わります。条件は下記を参考に

①急速充電器
40kW型急速充電

②気温 15~16℃
最適温度より少し低め

③充電開始時18%

④高速走行直後

PR

最大充電速度は30kW

日産サクラ急速充電
画像・CAR Filmsより

この充電器は最大40kWとのこと

そして開始直後の電気は
355V×84A=29.82kW

これによりサクラ最大受容電力は30kWであると分かります

なので90kWや150kWの充電器を使っても充電時間は同じです

PR

充電量50%を超えると遅くなる

0分から10分が最高の充電値

※この充電器は31分仕様なので1分ずらして解説しています

日産サクラ急速充電
376V×80A=30.1kW CAR Filmsより
日産サクラ急速充電
377V×72A=27.1kW CAR Filmsより

50%を超えた辺りから速度は下がり始めます

初期型リーフも50%辺りから下がり始めていたので日産内でルールがあるのかも

効率はバッテリーを20%まで使う→10分充電で50%が最高と思われます

特にZEPS3は10分単位で課金されるので金額的に効率よしですね

ちなみにこの10分で5kWh≒40km走行分の電力

10分から20分は?

日産サクラ急速充電
画像・CAR Filmsより

徐々にアンペアが下がっていき、20分時には44A=16.8kW

最初の10分は5kWhだったのに対し次の10分は3.7kWh(≒30km分)に留まりました 

充電が遅くなるのは確実ですね

20分から30分は効率悪

日産サクラ急速充電
画像・CAR Filmsより

最終的には32A≒12.5kWまで低下

充電量も2.4kWh(≒20km分)しかできませんでした。最初の10分の半分以下ですね

時間対効果を考えると20分まで

最初の充電量のもよりますが、20分で切り上げるのが良さそうですね

18%→約70%なので下道で使うと計算上は80kmほど、約2.5時間走れます

出発時の満充電と合わせれば用事を済ますには充分ではないかと思われます。

足りなければ「減らす→充電する」を繰り返せば更に長距離も可能です

特にサクラは繰り返し充電で起こる発熱を冷やす機構がありますので安心して使えます

PR

まとめ

  1. 最大充電速度は30kW
  2. 50%を超えると徐々に遅く
    0→10%=5.0kWh(≒40km)
    10→20%=3.7kWh(≒30km)
    20→30%=2.4kWh(≒20km)
  3. 金額を考えると10分が良いが、手間を考えると20分がベスト

日産サクラは下道が多いので急速充電の機会は少なく、要領が分かり難いと思います

遠出時はこのブログを参考に効率良く充電をして早く安全に目的地に到着して下さいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました