PR

【速報】電気自動車の12Vバッテリーが上がるとどうなる?ほぼ普通の車と同じだけど…

メカニズムのすすめ
この記事は約3分で読めます。

2022/11/12の夜に電気自動車リーフ(EV)の12V補器バッテリーが上がりました!

その時の状況を解説します!

たまたまのバグの可能性もありますが、とりあえずは全部公開します

上がった時は?
  1. ポジションランプ点灯
  2. メーター表示が変
  3. ブレーカー音無し

※12Vバッテリのヘタリ具合により変化するようです

リーフのバッテリーサイズは65B24L

リーフのバッテリーサイズは65B24L

必ず「L」を購入してくださいね!

PR

上がった時は?

そのときの状況を詳しく解説します

ポジションランプ点灯

ポジションランプが点灯して消えなくなりました

12Vのバッテリ電圧が下がってエラーが出たと思われます

LEDヘッドライトを点灯する電気が足らないので起こるようです

メーター表示が変

メーターの表示が変になります

特に走行用バッテリ残量がゼロになるのが特徴

場合に寄っては反対側の温度表示も消えます

ブレーカー音無し

電源を入れた時に「ガタゴト」というブレーカー音がしません

イメージとしては、充電をしながら電源を入れた時と同じです

そもそも電気自動車に12Vバッテリ?

電気自動車は走行用バッテリがあるので、サブバッテリは必要?

答えは必要です

事故が起こると走行用バッテリから漏電のリスク
(350~500Vの高電圧)

その時に電気をシャットダウンするのですが、ハザード等が点灯しません

そうなると二次災害の危険が!

なので事故のバックアップも兼ねて交換が容易な12Vバッテリを乗せています

PR

あがったら、どうすれば良い?

バッテリ上がりの時の対処法は、普通のガソリン車と全く同じです

救援車からブースターケーブルで電力を供給しながら電源オン!

一度動き出すと、走行用バッテリーから電力が送られるので普通に走れます

最近の流行は予備バッテリー

最近はスマホの充電にも使えるジャンプスターターバッテリーという便利なものがあります

これがあると救援車に繋いでもらう必要がなくなります

「人にお願いするのが恥ずかしい」と思う人に超オススメ

普段はスマホ用緊急時は車用に使えるので無駄にもなりません!

一つ携帯しているとスマホも車も安心ですね!

PR

まとめ

  • 電気自動車もバッテリ上がりがある
  • 上がるとブレーカ音がせずに走れなくなる
  • ディプレイの表示が変になる
  • 対処方法はガソリン車と一緒

コメント

タイトルとURLをコピーしました