日産 S-HYBRID

メカニズムのすすめ
この記事は約3分で読めます。
Advertising
はてな子
はてな子

S-HYBRIDって凄そうだけど…

こたえさん
こたえさん

実はシンプルハイブリッドだよ

e-POWER トヨタハイブリッドシステムに続き
今回はS-HYBRIDです

個人的にはこれを考えた人は
最高にビジネスセンスがある方だと思います

Advertising

S-HYBRIDとは

日産がセレナなどに搭載するシステムで
簡易型のハイブリッドです

どちらかと言えば
強化型アイドリングストップシステムです

スズキのS-エネチャージと同じコンセプトです

エンジンをかけるセルモーターを強化し
エンジンを始動と走行をアシスト
アイドリング状態からスムーズに
走り出すことができるようにしています

このモーターは発電器にもなっていて
アクセルは離すと発電
簡易型回生システムでもあります

またサブバッテリーを追加することで
アイドリングストップの時間を長くし
燃料の消費を抑制します

前に紹介したe-POWERが
ほとんど電気自動車なのに対し
こちらは、ほとんどガソリン車です

Advertising

特徴・良いところ

まずは良いところの説明です

発進が滑らか

アイドリングストップからの始動は
ギアを介してセルでエンジンを回していたので
「キュルキュル」となっていました

このシステムはベルトでエンジンを回すので
静かにエンジンスタートできます

またそのままセルモーターが
引き続きで加速をアシストするので
スムーズに発進、加速できます

燃費が良くなる

日本の道路事情では
信号停止からのスタートが
頻繁に行われます

スタート時だけではありますが
モーターがアシストするので
それなりに燃費が良くなります

コストが抑えられる

生産コストが抑えられるので
販売価格の上昇が最小限です

「ハイブリッドは高価だし不要」
という考えの人にも
受け入れ易いと思われます

販売側の都合と消費側のメリット
合致していると思います

管理人takechi
管理人takechi

この辺りがビジネスセンス

良いなと思う

また発売当初は「ハイブリッド」というだけで
エコカー補助金が貰えた時代でした
販売には大きな意義があったと思います

Advertising

特徴・気になる所

反対に気になるところです

燃費があまり変わらない

簡易式ですから大きな改善は
見込めません

特に高速道路では普通のガソリン車と
全く同じです

ランニングコスト増

年式や車種によっては、バッテリーが
専用品だったりして、交換時に
高くつくことが有ります

Advertising

まとめ

  • 簡易式ハイブリッドで、新車の値段が抑えられている
  • ハイブリッドなのでエコカー補助金が貰えた
    (今はありません)
  • エンジン始動は滑らかでストレスが無い
  • 結局、ランニングコストが高くつくことも

特にセレナの場合はe-POWERという
選択肢があります

ランニングコストや未来感など
総合的に考えると少し高価で
そちらを選んだ方が良いかなと
管理人は考えています

Advertising

追加

同じコンセプトのソリオ バンディットに
試乗しました

エンジン始動は滑らかでした

モーターのアシストが
思いのほか沢山使われていて
管理人が思っていたより
燃費に貢献できていそうです

セレナならe-POWERですが
ガソリン車かコレかの二択なら
間違いなくコレを選ぶ方が賢いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました