電気自動車の教科書・冬の移動編

電気自動車のすすめ
この記事は約2分で読めます。
Advertising

夏場に続いて冬場の長距離移動のコツです
今回も高速道路での話をメインに書いています

冬場は予想以上に電力消費が大きいです
管理人のイメージでは夏場に比べ

約20~30%

走行可能距離が減るようです

また充電速度も遅くなるので
余裕を持った充電プランが必要になります
また他の車も同じ傾向ですので
他車の充電器待ちが増えます

Advertising

乗る前エアコンを1時間前に入れる

前のブログでも書きましたが
電気自動車はエアコンを使うと
走行距離が減ります

またエアコンは入れて、部屋が暖まるまでが
一番電気を使います

その一番使う時を家庭用コンセントに
つないでおけば、一回目の
走行可能距離の減少が最小になります

普通充電ができない方は
一回目の急速充電中に部屋を暖めましょう

Advertising

早めの充電を心掛ける

夏場も同じではあるのですが
トイレ休憩や食事の時に充電すれば
待ち時間は最小です

トイレ休憩前に充電器に繋ぎ
用事が終わったら充電も終わらせます

それを数回行えば、
冬場の走行距離の減少を補えます

Advertising

15分充電をデフォルトにする

あと、電気自動車初心者の方で
充電は30分という固定観念の方が
いらっしゃいますが
リチウムイオン電池は
5分でも10分でも問題ありません

機種にもよりますが、急速充電は
電気が満タンに近づくほど
充電速度が遅くなります

ですので1回30分より
1回15分、走ってまた15分の方が
総充電時間は少なくなります

ただし、
充電待ちが発生する可能性があるので
「ここで充電できないと動けない!」
の事態にならないように
注意してくださいね
Advertising

まとめ

・電気自動車は冬場は走行距離が短くなり
 (約2~3割少なくなる)
 充電も遅くなるので、注意が必要

・乗る前エアコンを出発1時間前に始め
 車内を暖めておくことで暖房での
 電気消費を最小限にする

・充電時間の短縮の為、15分間充電を
 複数回することで効率よく充電できる
 ただし充電器待ちに注意

冬場は電気自動車には辛い季節ですが
乗る前充電・シートヒーターを活用して
快適なドライブをしましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました