【閲覧注意】日産セレナe-POWER vs S-HYBRIDどっちが買い?

おすすめ・日記
この記事は約5分で読めます。
Advertising
はてな子
はてな子

セレナのe-POWERとS-HYBRID
どっちを買ったらいいんだろう?

こたえさん
こたえさん

e-POWERで決まりだよ!

セレナにはe-POWERS-HYBRID
二種類あって悩みますよね!

今回はどっちが買い得か徹底比較します

このブログを見たらe-POWERしか
買えなくなるのでご注意ください

Advertising

日産セレナとは

日産自動車が販売している
三列シートミニバンです

大人気のジャンルで
トヨタのノア三兄弟
ホンダのステップワゴンと共に
子育て世代からシニアまで
幅広く支持されています

セレナにおいてはパワーユニットが

e-POWER

S-HYBRID

に分かれており
こちらが今回の比較対象です

Advertising

メカニズム

簡単に説明すると

e-POWERは
発電機付き電気自動車

S-HYBRIDは
簡易式ハイブリッド
になります

e-POWERの解説はノートのブログで

Advertising

コスト比較

本体価格

先ずは本体価格から

日産公式HPより引用

今回は
ハイウェイスターV同士で比較します

多少専用部品が有りますが
ほぼほぼ同装備ですよね

価格は
S-HYBRIDが約50万円お得です

燃費

次に燃費です

みんカラ燃費記録より引用

※上のデータは2020/6/16時点です

データをもとに計算していきます
レギュラーガソリンで
端数切り上げ
16km/ℓ11km/ℓで比較

ガソリン価格は2020/6/16時点で
約121円
(e-燃費調べ)

車は標準使用で
年間1万キロ言われていますので


e-POWER
1万÷16km=約625リットル使用
625×121円=約75500円
S-HYBRID
909×121円=約110000円
1万÷11km=約909リットル使用
差額は年間・1万キロで約34500円

e-POWERの方が
10年10万キロで約34万5000円お得です
ちなみに今は時期的にガソリンが安いので
標準的な価格140円で計算すると
約40万円の差になります

最近のミニバンは燃費が良くなりましたね

高速道路では走り方によって
S-HYBRIDの方が燃費が良い場合があります

自動車税

毎年4/1に排気量に応じて課税される
自動車の税金です

管理人takechi
管理人takechi

ボーナスの時期でもないし
管理人には辛い時期です

2019/10/1に引き下げられました
金額は同日以降に
新車登録された車のものです


e-POWER
1.2ℓ 30500円(令和元年以降)
S-HYBRID
2.0ℓ 36000円(令和元年以降)

1年で5500円
10年で55000円の差ですね

下取り

発電機付き電気自動車簡易ハイブリッド
下取りが同じとは考えにくいです

低く見ても10~20万円は高い査定
なると思われます

コストの結論

e-POWER
購入時50万程多めに払うことになるが
ランニングコストで回収でき
長い目で見るとお得である
Advertising

乗り味

S-HYBRIDは普通のガソリン車と
同じ乗り味です低速度は
エンジンが唸りながら加速します

e-POWERは電気自動車です
発進時はエンジン音なしで加速します
(条件による)


e-POWER
また低回転からパワーがでますので
シームレスで静かな加速で
同乗者もゆったりな移動を
味わうことができます
Advertising

未来感

e-POWERはアクセルだけで
加速・減速・停止ができる

e-POWER Drive

があり、慣れるとペダルの踏みかえが無く
楽な運転ができます

S-HYBRIDは
普通のアイドリングストップよりも
スムーズにエンジン始動・発進できます

4WD

e-POWER
今のところ設定なし

S-HYBRID
4WDの設定あり

2020年6月現在では4WDが必要な方には
S-HYBRIDを選ぶ必要があります

ノートには4WDがありますので
今後のラインナップに期待です

まとめ

・初期費用は
 e-POWERの方が約50万円高いが
 ランニングコストで見ると
 最終的には変わらない

・コストは、ほとんど同じであるが
 e-POWERの方が未来的で
 運転も楽である

・4WDが必要な方と
 高速道路主体で使う方は
 S-HYBRIDが良い

※ノートe-POWERには
 4WDが追加されました

管理人は
コスト差が無く、未来感が味わえる
e-POWERを強くお勧めします

週末は、一度販売店にて乗り比べし
最新の技術を感じてみるのも
悪くないと思いますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました