日本で電気自動車がメジャーになる日も近い?

おすすめ・日記
この記事は約3分で読めます。
Advertising

今回は電気自動車(以下EV)の欠点がまた一つ解消さ

本格普及始めるかも!と言うお話です

この記事は国沢光宏ブログ「電池を60kWh以上搭載して236万円のM-NVは日本車初のゲームチェンジャー最有力候補だと思う!」について書かれています

Advertising

電気自動車の欠点がまた一つ解消?

電気自動車の3大欠点の一つが解消されつつあります

3大欠点
・航続距離が短い
・充電に時間がかかる
・本体価格が高い

航続距離が短い

「航続距離が短い」の時代は完全に終わりました

日産公式HPより出典

充電に時間がかかる

普通充電なら、止まっているときに充電
急速充電もバッテリーの進化待ちです
将来的に10分で約300km分充電も

本体価格が高い

そして今回は

この車が中国で236~252万円で発売されるという話です

Advertising

電気自動車が250万円!?

この車は東風ホンダが発売するEVです

「M-NV」

本体価格が236~252万円(中国での販売価格)

ホンダの発表データによればフル充電で480km

性能はリーフe+と同等

同級車の「ベゼル」が中国で201万円で販売しているので

補助金を入れれば、もう同額ですね

Advertising

カーボンニュートラル政策に後押し

発売当初の電気自動車は苦労の車でした

新しいもの好きが買うもので

一般の方向けでは無かったのは事実

それが、最後の砦「価格」の壁が壊される日が近づいてきました

普及しだすとガソリン車が不便であることに気づくと思われます

カーボンニュートラル政策の後押しになりますね

Advertising

実際は

HONDA公式HPより出典

中国では「数」がでるため、あの値段で販売できますが

EV市場の小さい日本では高くなるかも

ですが、この価格で販売できる目途はできたということですね

Advertising

しかし日本にはEVアレルギーが

日本には日産リーフの誇大戦略トヨタの水素戦略でできたアレルギーが有ります

普及が進むにはもう少し時間が必要です

まとめ

・中国でガソリン車と同等価格のEV車が販売される

・EV3大欠点の最後の一つ「本体価格」が解消される

・政府のカーボンニュートラル政策の後押しに

・日本にはEVアレルギーがあるため、普及には少し時間がかかる

ガソリン車と電気自動車が同じ土俵で選べる時代がすぐそこです

臭い排気ガスゼロの生活が目の前ですね

コメント

タイトルとURLをコピーしました