【メーカーに向けて】電気自動車の雪道立ち往生の対策

おすすめ・日記
この記事は約2分で読めます。
Advertising

前回の続きで、電気自動車(以下EV)の「雪道立ち往生対策」です

雪道で立ち往生してしまうと、命にかかわります

これからEVは普及していくと思われるので

その対策を考えていきたいと思います

Advertising

電気自動車はどうして雪(寒さ)に弱い?

まずは電気自動車が雪(寒さ)に弱い理由を

寒くなるとバッテリーが弱くなる

バッテリーには電解質という液体のがあり

イオンを伝達しています

これが冷えると伝達率がわるくなり

結果、電池に力が無くなります

暖房に利用する為の廃熱が出ない

エンジンは燃料が持っている熱エネルギーの1/3程度しか走ることに利用できません

1/3はマフラーから、残り1/3がでラジエターから熱として捨てられます

そのラジエターに行く熱を室内に回して暖房にしています。

ですので熱を新たに作る必要はありません

しかし、EVは90%の効率なので熱がほとんど出ません

別に電気を使い熱を作必要があり、寒い時は走行距離が大幅に減ります

Advertising

寒さ・雪対策

ここからはメーカーにお願いしたい対策です

バッテリー容量を大きくする

電気が沢山あれば、長い間閉じ込められても大丈夫です

ガソリン車が閉じ込められても大丈夫なのは、単純にエネルギーを多く持っているから

大容量バッテリーは正義です

灯油式ヒーターをオプションに

暖房を使わなければ、雪の中でも電力を消費しません(2~300W/時程度)

セッカクのCO2排出ゼロなのにと思われるかもしれませんが

暖を取るには電気より灯油の方が効率が良いです

管理人の計算では10L持っていれば30時間は使えます

補充も簡単で、関越道の立ち往生でも何とかなると思います

将来的に水素を燃やすようにすればCO2排出ゼロです

高速道路にコンセントを

これは少し非現実的ですが、

雪で立ち往生しそうな地域は

ガードレールなどに200Vのコンセントを10mおきに設置します

いざという時は充電ケーブルをつなぎ、暖を取ります

Advertising

まとめ

・電気自動車は寒さに弱いのはバッテリーと効率が良すぎるため

・提案1
 バッテリーを大きくすること

・提案2
 石油ヒーターをオプションにすること

・提案3
 高速道路にコンセントを付けること

このように、EVの弱点をフォローする方法は沢山あります

メーカーの企業努力をお願いします

コメント

タイトルとURLをコピーしました