電気自動車・急速充電器の種類

電気自動車のすすめ
dav
この記事は約2分で読めます。
Advertising

今回は充電器の種類を
写真と共に説明します

充電器は出力によって分けられています

出力が大きいほど速く充電できますが
車種により遅くなる場合もあります

好条件で充電した場合に30分で
どれだけ充電可能か書いておきます

※2020年5月時点

充電時の好条件
・残りの電気が少ない
・電池の温度が高め
・気温が高め
Advertising

90kWタイプ

最近、日産に設置されている充電器

通称、二丁拳銃

特徴は充電ケーブルが2本あり
2台同時に充電できる

この充電器の最大出力は
リーフでは受け止められず
最新のe+でも70kW程度です

30分で29kW/h程度充電できます(e+のみ)
(最大200A程度)

Advertising

50kWタイプ

最もポピュラーなタイプの充電器
高速道路はこのタイプが多い

30分で22kW/h程度充電できます
(最大125A程度)

Advertising

44kWタイプ

初期の日産でリーフ普及用に
大量に設置されたタイプ

おそらく初期型リーフの
小さなバッテリー用なので
30分間最大出力が出せないことが
多々あります

冷却能力不足?

理論上は30分で18kW/h程度
充電できますが…
(最大106A程度)

Advertising

30kWタイプ

コンビニなどで良く使われるタイプ
このレベルより低い出力の物は
1回1時間使わせて欲しいです

30分で13kW/h程度充電できます
(最大75A程度)

Advertising

25kWタイプ

30分で12kW/h程度充電できます
(最大60A程度)

20kWタイプ①

こちらもコンビニで見るタイプ
電気自動車用というより
PHV(充電プリウスみたいなタイプ)
用に使うべきですね

30分で10kW/h程度充電できます
(最大45A程度)

20kWタイプ②

コンビニや三菱のディーラーで
よく見かけるタイプです
急速充電と言っていいのかと
思うレベル

このタイプは時間無制限にすべき

30分で8kW/h程度充電できます
(最大35A程度)

まとめ

・急速充電器とひとまとめになっているが
 種類によって充電量は大きく違う

・出力が大きい充電器ほど
 早く、多く充電できる

・また車によって充電の速さが違う

今のところ、充電料金は
充電できた量ではなく
使った時間で課金されます

充電器の種類を見極め
より良い電気自動車ライフを
楽しみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました