荷重移動のすすめ 総合編

トラックのすすめ
この記事は約2分で読めます。
Advertising

自動車を運転してると車は揺れますね

今回は車を運転していると
避けては通れない荷重移動について

運転手は体では理解されていると思います

ですが、上達するには理論も必要です
詳しく解説していきます

Advertising

荷重移動とは

荷重移動は車の速度を変えたり曲がったりするときに
各タイヤにかかる重さが変わることです

止まっているとき前後のタイヤに
同じ重量がかかっていても

ブレーキをしているときは前のめりになり
前タイヤに大きく重さがかかります

車の性質上、避けることができないので
これに合わせて各セッティングをすることになります

荷重変動

そして変わるときを
荷重変動する」といいます

Advertising

ブレーキをすると

ブレーキを踏むと、車は前のめりになります
これは、ブレーキがタイヤ部分で作用しているからです

タイヤがある車体の下部分が慣性に逆らって
車体を止めようとするため
上の部分だけ進もうとし、結果前のめりになります

前のタイヤに荷重がかかります

車好きは「ノーズダイブ」と言います
Advertising

ハンドルを切ると

ハンドルを切りカーブを曲がると
外側に傾きます

車は真っ直ぐに走りたがってるのを
ハンドルで曲げるので遠心力が発生

外側のタイヤに荷重がかかります

Advertising

アクセルを踏むと

アクセルを踏むと
後ろに傾きます

ブレーキと逆でタイヤだけ前に
行こうしますが
ボディーは現在地に残ろうとするためです

後ろのタイヤに荷重がかかります

車好きは「トラクション」と言ったりします
Advertising

まとめ

  • 荷重移動は車が加速・減速・旋回する時に起こり、車体が傾く
  • 傾いたことを荷重変動という
  • ブレーキ時は前に、加速は後ろに傾く
  • カーブを曲がると外側に傾く

それぞれ単体ではなく組み合わせで車体傾いています

次回からは、一つ一つ細かく解説していきます

コメント

タイトルとURLをコピーしました