バスのすすめ

トラックのすすめ

雪道・凍結路のすすめ2 追記編

雪道で注意することの追記です。タイヤ接地面圧が高いと雪道などの荒れた路面で有利。後ろ二軸のトラックは、ちょっした段差でも発進不能に。軽油は凍るのでエンジンが始動不可になることも。対策を考えていきます
トラックのすすめ

ホワイトアウトのすすめ

ホワイトアウトに遭遇したら、ランプ類を全て点灯しSAPAに入ってください。走行中は停止してはいけません。追突されたときに被害が大きくなります。また三列シートの最後部は危険です。できれば二列目に移動しましょう。それぞれ詳しく説明していきます。
バスのすすめ

バス車内事故のすすめ 注意点編

今回はバスの車内事故3例です。 会社から指導があると思いますが 予習復習がてら詳しく解説していきます 急ブレーキ 一番多い事故はコレ 飛び出しなどで急ブレーキを踏み、「乗客が転ぶ」または「手や顔をぶつける」事...
トラックのすすめ

雪道・凍結路のすすめ

雪道は危ないですね。走り方のコツを説明していきます。先ずは準備。装備をしっかり持っていきましょう。(スタッドレスタイヤ・チェーン 毛布・雨具・長靴など)走り方は車間距離を大きく取り、ハンドル、ブレーキ、アクセル操作を同時にしない。坂道は勢いをつけて一気に上る。途中で止まりそうなときは手前で待つ。下り坂はユックリと
トラックのすすめ

フットブレーキのすすめ

ブレーキの時節は3つあります。①踏み始め・これが強いと車内でケガをします、要注意!②減速メイン・ここは強めでも大丈夫です、やや強めにすると次が楽になります。③止まる寸前・この時は「ガクン」とならない様に注意。この他にも技が有ります。詳しく説明していきます。
バスのすすめ

バス車内事故のすすめ 起こるとどうなる編

バスは電車と違い一般道を走ります。そのため急ブレーキを踏むことが有ります。その時に誰かが転ぶと「車内人身事故」になります。起こるとどうなるのでしょうか?結論からいうと、車外に事故と同じ扱いになります。バスは運行を中止し、警察の調べが始まります。最近は少しの怪我でも病院に行ってもらうことが多いので。バスが高確率で止まります。ほかのお客さんは代替え車に乗り換え、目的地に向かいますが、それでも時間的に遅くなります。車内事故には充分注意してください。詳しく見ていきます。
トラックのすすめ

狭隘道路のすすめ

狭隘道路(きょうあいどうろ)読み方が難しいですね。運転はとても難しいです。今回は安全な走り方をシチュエーション別にす図と共に説明します・狭隘道路は路肩が崩れる場合があり、左側のタイヤを落とさない様に注意・すれ違い時は停止して、相手に行ってもらった方が安全(接触すると大型車の責任が重くなることも)直線のすれ違い 右カーブ 左カーブ <!-- wp:paragraph --> <p>・右カーブは大回りでOK</p> <!-- /wp:paragraph --> <!-- wp:paragraph --> <p>・左カーブは内輪、オーバーハング共に注意</p> <!-- /wp:paragraph -->
バスのすすめ

路線バス回復運転のすすめ

回復運転は危険です。できる限りしない様にしましょう。朝の通勤時間帯の遅れているときに、ノンビリしていると乗客から苦情をもらい色々と厄介です。そんな場合は「みせかけ回復運転」をしましょう。どうしてもという時は「三原則」を守り、安全を優先で行ってください。それでは解説いたします。
バスのすすめ

バス遅延のメリット

路線バスはバス停に停まらないことでメリットが沢山あります。カンタンに言うと①遅れてきた人が乗れる②バス停に停まらないと経費が下がり運賃の上昇を抑制できる。実際どれくらいかを計算していきます
バスのすすめ

路線バス遅延のすすめ

バスが遅れる理由は交通渋滞や信号・踏切待ち、そして時刻表にバス停の停車時間が無いことです。要はバス停を通過させるために時間を詰めてあります。そのメリットは次回にまわします。今回はどのように時刻が設定されているかを図を挟みながら説明していきます。
タイトルとURLをコピーしました