雪道・凍結路のすすめ

トラックのすすめ
この記事は約4分で読めます。
Advertising

管理人は雪があまり降らない地域にすんでいます

なので、たまに雪が降ると大慌て

そんな雪に慣れていない人向け

雪道・凍結路の走り方をご紹介します

管理人takechi
管理人takechi

降雪地域の方には普通なんだけど
雪が積もらない所の人向けに

Advertising

雪道・凍結路の問題

雪道・凍結路はタイヤのスリップが問題になりますね

詳しく見ていきます

雪道は滑らない

雪はそれほど滑りません

どちらかと言うと雪の上にのってしまい

タイヤに重みが抜け

スタック(スリップして動けなる)して

しまうことです

しかし、沢山の車が踏みつけてしまうと

圧雪になり凍結路と同じになります

凍結路

水が凍り、すべり易くなった路面です

また、雪を踏み固められたものでも

同じ様に滑り易くなっています

こちらは普通のタイヤでは

走ることは難しいです

以下は雪道・凍結路をまとめて「雪道」と表記します
Advertising

雪道の準備

路面凍結は寒い時期にしか起こりません

季節が近づいてきましたら準備を

スタッドレスタイヤ
チェーン

スタッドレスタイヤとチェーンの準備を

本気で圧雪になった場合は

チェーンがないとスタックします

基本ですね

雨具・長靴・手袋

チェーンを巻くのは車外で人力です

また、車を押すことになっても

雪で濡れてしまいます

雪の中で作業できる準備

毛布

スリップして進めなくなった場合

毛布をタイヤに踏ますと脱出できる場合があります

あると便利です

【冬到来】雪道走行の基本 雪道の違い、準備、走り方、スタックからの脱出 今一度確認しましょう!!【安全第一】
アスチャンネル

スコップ等

雪かきする道具があると便利です

手で雪かきすると大変です

管理人takechi
管理人takechi

長距離トラックデビューは冬の北陸でした
このような装備が必要と知らず、
現地で苦労したのを覚えています

Advertising

走らせ方・基本編

雪道、凍結路の走り方です

基本的には雨の日と同じです

雪道は「危ない!」と思ったら終わりです

そうなる前に適切な運転を

今回は後輪駆動のトラック・バスを運転しているときの内容がメインです

車間距離を取る

何よりも車間距離が重要です

ぶつからなければ事故は無いです

スピードを控えめに

いつでも止まれるようにしておいてください

コチラが優先でもスリップしてくる場合もあります

いつでも止まれる準備を

遅いぶんには加速したらよいだけですが

早すぎると停止が間に合わず

事故になります

急のつく動作はしない

急ブレーキ、急発進、急ハンドル

スリップし易い路面では滑るだけです

ジンワリと滑っていないのを確かめながら

操作してください

アクセル・ブレーキ・ハンドルを
同時に操作しない

普段であれば、

ハンドルを切りながらブレーキをしても

大丈夫ですが、雪道では致命的です

直線で曲がる速度まで減速

ブレーキを離しハンドル

曲がり終わったらアクセルで加速する様に

厳密には、曲がっているときは少しアクセルを踏む方が安定します

同時操作は危険なのね

Advertising

走らせ方・雪道特有

次は雪道特有の走りです

正直に言うと、車が沢山通っている道は

ここまで気にする必要はありません

しかし、雪道に慣れていない方

万全にしておくべきだと思います

減速はエンジンブレーキ・排気ブレーキで

ブレーキは「タイヤの回転を止める」動作ですが

エンジン/排気ブレーキは

タイヤの回転を落とす動作なので

滑りにくいです

またフットブレーキは前輪がメインなので

ロックすると舵が効かなくなります

アクセルオフで減速しましょう

上り坂手前で加速を

上り坂は勢いをつけて一気に登りましょう

途中で止まると発進できなくなる場合があります

子供の頃に滑り台を
逆から上ったことはありますか?
滑り台はツルツルで
止まると滑り落ちてしまいます
上り坂では同じことが起こるかも
勢いをつけて上るのがベストですね
ブラックアイスバーン
みちのく・わん子

上り坂手前で停止

もし、前の車が上り坂でもたついていたら

坂道手前で待ちましょう

坂道で止まると、発進ができないことも

下り坂はユックリ

下り坂はとにかくユックリしかありません

滑っていないのを確かめながらユックリ下ってください

特別な走り方があるんだね

Advertising

まとめ

・雪道を走るときは装備をもっていく

・走行は車間距離を取り、急な動作は避ける

・アクセル、ハンドル、ブレーキ操作は
 同時に行わない

・上り坂は勢いをつけて
 途中で止まる場合は手前で待つ

・下りはユックリと

一番の安全は心の余裕です

慣れていない人は遅延などは気にせず

安全運転をしてください

合わせて読みたい

コメント

タイトルとURLをコピーしました